読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memcachedコマンドリスト

検索コマンド

検索を行うコマンド

戻値書式


VALUE []\r\n
\r\n

key 送信したキー
flags ストレージコマンドで送信したflag
bytes 取得データのデータ長
cas unique casコマンドで使用するキー(getsコマンドで取得)
data block キーのデータ
getコマンド

実行例


get hoge
VALUE hoge 0 4
test
END

getsコマンド

実行例


gets hoge
VALUE hoge 0 4 7
test
END

ストレージコマンド

データ操作を行うコマンド

実行書式


[noreply]\r\n

flags サーバがデータとともに格納して返送する値
exptime 有効期限(unix time)。もし0を指定した場合、項目が期限切れになることはありません
byte データブロックのバイト数です。
noreply オプションパラメータ。サーバーが応答を返さない
setコマンド

キーのデータを保存

実行例


set hoge1 0 0 4
hoge

addコマンド

キーのデータがまだ作成されていない場合にのみ、キーのデータを保存

実行例


add hoge2 0 2147483647 4
hoge

replaceコマンド

キーのデータが存在する場合にのみ、キーのデータを置き換えて保存

実行例


replace hoge3 0 2147483647 4
hoge

appendコマンド

キーのデータが存在する場合にのみ、キーのデータの後ろにデータを追加

実行例


append hoge2 0 2147483647 4
hoge

prependコマンド

キーのデータが存在する場合にのみ、キーのデータの前にデータを追加

実行例


prepend hoge2 0 2147483647 4
hoge

casコマンド

「Check and Set」の略でクライアントが最後にキーを取得して以降に 他のクライアントによるそのキーの更新がなかった場合にのみ保存

実行書式


[noreply]\r\n

flags サーバがデータとともに格納して返送する値
exptime 有効期限(unix time)。もし0を指定した場合、項目が期限切れになることはありません
byte データブロックのバイト数です。
cas unique getsコマンドで取得するユニークキー
noreply オプションパラメータ。サーバーが応答を返さない

実行例


gets hoge2
VALUE hoge2 1 4 6
hoge
END
cas hoge2 0 2147483647 4 5
test
EXISTS
get hoge2
VALUE hoge2 1 4
hoge
END
cas hoge2 0 2147483647 4 6
test
STORED

状態表示コマンド

memcachedの統計データなど状態表示を行うコマンド

statsコマンド

表示内容

pid プロセスID
uptime memcachedの起動時間(秒)
time 現在時刻のタイムスタンプ
version memcacheのバージョン
pointer_size OSが32bit又は64bit
rusage_user プロセスがユーザモードで動作した累計時間?(秒.マイクロ秒)
rusage_system プロセスがカーネルモードで動作した累計時間?(秒.マイクロ秒)
curr_connections 現在のコネクション数
total_connections memcacheの起動からの累計コネクション数
connection_structures memcacheが確保したコネクション構造体数
cmd_get GETコマンド発行の累計
cmd_set SETコマンド発行の累計
cmd_flush flushコマンド発行の累計
get_hits GETコマンド成功回数
get_misses GETコマンド失敗回数
delete_misses DELETEコマンド失敗回数
delete_hits DELETEコマンド成功回数
incr_misses INCRコマンド失敗成功
incr_hits INCRコマンド成功回数
decr_misses DECRコマンド失敗回数
decr_hits DECRコマンド成功回数
cas_misses CASコマンドでキーがヒットしなかった失敗回数
cas_hits CASコマンド成功回数
cas_badval CASコマンドで更新されてて失敗回数
auth_cmds
auth_errors
bytes_read ネットワークから受信したバイト数
bytes_written ネットワークへ送信したバイト数
limit_maxbytes memcacheの最大容量(バイト)
accepting_conns
listen_disabled_num
threads リクエスト当たりに動作するスレッド数
conn_yields
bytes 現在の使用メモリ
curr_items 現在のデータ数
total_items 累計のデータ数
evictions 容量(メモリ)不足でmemcacheから追い出した回数
reclaimed
stats itemsコマンド

表示内容

number スラブに保存されているレコード数
age スラブ内のもっとも古いデータの保存期間
evicted 期限切れの追い出されたレコード数
evicted_time 最後の追い出しからの期間 1.3以降?
evicted_nonzero 最後に非ゼロエントリが追い出された期間 1.4以降
outofmemory スラブ内でout of memoryエラーとなったレコード数 (-M指定時のみ)
tailrepairs 修復を必要とするレコード数
stats slabsコマンド

表示内容

chunk_size スラブ内のチャンクサイズ
chunks_per_page 1ページに保存できるチャンク数
total_pages スラブに割り当てられたページ数
total_chunks スラブに割り当てられたチャンク数
used_chunks 割り当て済チャンク数
free_chunks 未割り当てチャンク数
free_chunks_end 最後にページが割り当てられてからの未割当チャンク数
get_hits チャンクへのGETコマンドのヒット数 1.3以降
cmd_set チャンクへのSETコマンドでのセット数 1.3以降
delete_hits チャンクへのDELETEコマンドのヒット数 1.3以降
incr_hits チャンクへのINCRコマンドのヒット数 1.3以降
decr_hits チャンクへのDECRコマンドのヒット数 1.3以降
cas_hits チャンクへのCASコマンドのヒット数 1.3以降
cas_badval チャンクへのCASコマンドでEXISTS値がマッチしなかった数 1.3以降
active_slabs 割り当て済スラブ数
total_malloced メモリ使用量総計
stats sizesコマンド

サイズの統計情報キャッシュ内の各サイズのアイテムのサイズと数に関する情報
情報が2つの列として返され、最初の列は項目の大きさ(近似値の32バイト境界に切り上げ)で、
2番目の列は、キャッシュ内のそのサイズの項目数のカウントです。


stats sizes
128 195
160 91
192 348
224 83697
256 72150
288 5757
320 2441
〜略〜

※実際のチャンクの割り当てとは厳密に結びつかないのであまり使えない情報

stats detail onコマンド

memcached 1.3以降で利用可能な統計情報の取得コマンド

stats detail dumpコマンド

memcached 1.3以降で利用可能な統計情報の出力コマンド

stats cachedumpコマンド

指定スラブのキーの一覧を取得
(ただし、バッファが2MBらしいので2MB以上のデータは取得できない)

書式


stats cachedump

slab no スラブ番号
limit 表示件数

結果書式


ITEM [ b; s]

表示内容

item_key データのキー
item_size データのサイズ
expiration_timestamp 有効期限(unix time)

実行例


stats cachedump 1 3
ITEM hoge1 [4 b; 1314542107 s]
ITEM hoge2 [10 b; 1314542107 s]
ITEM hoge3 [1 b; 1600000000 s]

stats settingsコマンド(memcached 1.4〜)

起動オプションの確認

表示内容

maxbytes
maxconns
tcpport
udpport
inter
verbosity
oldest
evictions
domain_socket
umask
growth_factor
chunk_size
num_threads
stat_key_prefix
detail_enabled
reqs_per_event
cas_enabled
binding_protocol
auth_enabled_sasl
item_size_max

その他コマンド

incr/decrコマンド

値をインクリメント/デクリメントする

実行書式


incr [noreply]\r\n

key キー値
value 加算/減算する値
noreply オプションパラメータ。サーバーが応答を返さない

実行例


incr hoge2 10


deleteコマンド

キーのデータを削除

実行書式


delete [

key 削除データのキー
time 指定時間まで(unix time)addやreplaceコマンドを成功させない(setコマンドは成功する)
noreply オプションパラメータ。サーバーが応答を返さない


delete hoge

flush_allコマンド

すべてのデータを削除

versionコマンド

バージョン表示

quitコマンド

接続を切断