読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無人島漂流の物語

id:takerunbaさんの「悪いのは誰? - ある無人島漂流の物語」を読んでの感想です

会社のグループディスカッションで下記のお題のグループディスカッションをしたようです

ある夫婦、その妻に思いを寄せる男性、この3人とは何の関係もない男性、おじいさん。この5人が乗っていた船が難破し、無人島に流された。

その過程で、夫婦の夫は行方不明となり、島に流れ着いたのは4人だった。この時点で夫の安否はわからない。

夫の安否を確かめるには、船を出して捜索するしかないが、妻には船をつくる能力や、直す力はない。船をつくり、直すことができるのは、夫婦とは縁もゆかりもない男性ただひとりだった。

妻はその男性に頼んだ。「船を直してください。夫を探したいのです」と。

男性は直すと言った。だが、条件をつけた。その条件とは妻と一夜限りの関係を持つこと。

妻は悩み、おじいさんに相談した。おじいさんは「気持ちのままに行動しなさい」と。

妻は結局、その男性と関係を持った。男性は約束を守り、船を直した。

そして船が直り、これからまさに夫を探すというときに、夫が無人島に自力でたどり着いた。

妻は夫に、捜索するため、船を直すために男性と関係を持ってしまったことを告白した。

夫はそんな妻を許さなかった。不貞であると。

夫婦は破局した。

ひとりになった妻の様子を見て、思いを寄せていた男が言った。「あなたが好きです」。

ここで悪い人or許せない順番は誰か?というお題ですが

自分の中では次の順位となります

夫 > 船を直した男 > 爺 >= 妻 > 無関係の男

自分を探すためにしょうがなく関係を持った妻を不貞とせめるわけですが
こいつケツの穴が小さくないですか?
夫を探すために体を売るか、すごい迷ったはずです
(まったく関係のない爺に相談するぐらい)
その辺りを察せず、傷ついてるであろう妻を更に突き落とす感じに
攻め立てる姿を想像をしてしまって許せませんでした

不貞行為 - Wikipedia

判例上の「不貞行為」
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。

また法律的にも、性交渉をもってしまっているので不貞行為はしているようですが
離婚事由としては弱いようです。

  • 船をなおした男

こいつ人の弱みに付け込んでるので悪ですね
困った時に助け合おうって道徳観がないのでしょうか?

  • じいさん

人生経験からもっと良いアドバイスしてやるなり
船を直す交渉を手伝うなりしても良い気もしますが・・
まぁ別に悪いことはしてない感じです

自分が夫だったら信じて待っていてほしかった。
許すだろうけどもう少し違うアプローチでがんばって欲しかったな
という意味でこの順位です

  • 無関係の男

別に妻が分かれてから告白するのは何も問題が無いように思えます。
むしろ物語にこの男が出てくることが非常に謎です。
妻にこいつを利用しろって事でしょうかね


id:takerunbaさんは爺が悪い言っており、リスクの取り具合で評価してます
何点か違うな思った点があるのでその点触れてみます

夫に対して

最大のリスクを負っていた。彼を責めるのはかわいそう。

仕事でリスキーな仕事取ったと言うなら評価もしますが
リスクを負ってるって別に夫が好きでとったわけじゃないし
そもそも一番リスキーな状況だったってだけで
夫が妻を責めてるのを正当化する理由にはならないと思います

妻に対して

関係を持たずに待ち、たまたま夫が生きて帰って来たとしても、「何故、助けに来なかった」となじられる可能性もある。つまり確実に正しい答えなどない、最も難しい立場だったのが妻。彼女を責めるのも酷ですな。

この人に正しい解答がないってのは非常に同意で非常に悩ましい立場の人です。
ただ、夫がたまたま戻ってきたら、体を要求された旨を訴えてお礼参りいけば良いだけの気もします

じじいに対して

で、俺が問題視するのはおじいさん。この人、何も役目を果たしていない。

無人島からの脱出に対して何も役目を果たしていないってなら攻められるべきですが
妻と船を直す男の間のいざこざで役目を果たしていないって事で攻められる言われはないと思います

また、爺も「気持ちのままに行動しなさい」と言う事で
貴方の貞操と夫を愛する気持ちを天秤にかけて重い方を取りなさい
と一応アドバイスしているように見えます(自分なら違う答えをするでしょうが)