読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cookpad開発コンテスト24に参加してみた。

6/15(土)に第4回cookpad開発コンテスト24に参加して応募してみました。
結果は箸にも棒にもかからなかったのですが、提出までこぎ着けたのは有意義な経験だったので感想がてら振り返ってみました。

提出ソース

https://github.com/taka512/symfony_cookpad_dev4

提出サービス

http://cookpaddev4.taka512.net

1. 準備

前日までにプロビジョニング等の準備をしました。
構成は前回のブログで書いた構成でsymfony2 + mongod + mysql + memcached+(S
3+SES)構成でawsに環境を構築しました。
この時はまだ「位置情報」、「画像アップロード」ぐらい利用しようかなーぐらいなふわふわした考えでした。

2. 序盤(11:00〜)

9:00にお題の発表だったのですが、いきなりの寝坊ww
11:00ぐらいに目が覚めてお題を確認すると、「年をとった自分が使うサービス」という事で風呂に入りながら考え始める。
「老後 幸福」とかで検索したりでゼロから検討しました。結局、自分の老後で気になるのはお金かな!と思ったので細部はつめないで毎月の収入・支出を入力していくと定年後の月収を計算する家計簿的なサービスを構想しました。

3. 中盤(18:00~)

とりあえず認証機能とbootstrapを組み込んでみたら夜になっていて少し焦りだすw
この時点で当初の作りたいなーと考えていたフル機能はあきらめる。
とりあえず、1機能でも良いので実装して最低提出できる状態にする事を目指し始めました。

4. 終盤(3:00~)

眠くなってきて、どうせ駄目だし提出しなくても良いんじゃねとか悪魔の囁きが聞こえ始める。
後半は作業も雑になってきたので、この時間帯での機能追加は厳しい感じでした。
ただ、提出はしたいというモチベーションはあったので朝7:00ぐらいに作り上げて提出完了。
そのまま就寝

5. 結果

しょぼくても、やっぱり結果発表のページを開くのはドキドキしました。
結果についてはさらっと全提出サービス見てみましたがわりと納得な感じです。1位の作品は自分が時間をかけても作れる気がしませんでしたが2位以下はアイデア次第でなんとかなりそうな気もしたので自分の企画力の無さを痛感。

6. 感想(振り返り)

途中で外出したり集中力が途切れたりで、正味10時間ぐらいは頑張ったと思います。
反省点が多いですね。次回があったら反省を生かしていきたいですねw

・よかった点

  1. 前日有給取っていたので頭がすっきりした状態だった。
  2. サーバの構築は前もって準備しておいてよかった。

・反省点

  1. 日頃から企画力を鍛えてなかったので構想通り実現しても微妙なサービスとなった。
  2. 0から作る事が久しぶりだったので、まごついてスピード感を持って作成できなかった。
  3. 認証機能・bootstrap組込・ライブラリなど基礎的な機能は前もって作っておくべきだった。
  4. 結果的に認証機能は必要なかったので、前もって24時間で作れそうな機能を絞り込んでおくべきであった。